クリエイティブ・アセット・カンパニーが提案する相続税対策

相続税対策では更地に建築物を立てて賃貸を行うと納税額を圧縮できますが、それだけを考えるのであれば、容積率いっぱいの建築物を建てたり高額のローンを借りなくても済む場合があります。エリアのマーケットニーズに合うものを建築することは最低限必要ですが、資金に応じて規模を変えることができます。お客様ニーズに応じた提案を用意いたします。

マーケットニーズに応じた建物用途の検討
(アパート・マンション・介護施設・事業所・商業施設・倉庫等)

+
  • 納税額圧縮重視

    納税額
    圧縮重視

  • 将来キャッシュフロー重視

    将来キャッシュ
    フロー重視

  • 子孫・社会への良質な資産重視

    子孫・社会への
    良質な資産重視

地主様・相続人様のニーズに応じた提案を致します。

たとえば郊外型商業施設と賃貸アパートの比較なら

郊外型商業施設(オーナーによる建築)郊外型商業施設(オーナーによる建築)

メリット
コンビニなど高効率業態なら建築費総額が総額が小さいわりに賃料が高い。
テナントが建設協力金を持ち込んでくれる場合がある。 チェック
預かる敷金が比較的高額。
延床面積が小さくても適正な駐車場台数であれば土地全域が貸家建付地となり納税額が圧縮される可能性あり。 チェック
テナントが大手であれば家賃収入が長期安定する可能性が高い。 チェック
デメリット
テナント仕様で建築した場合、テナント退去 後の転用が困難。 チェック

賃貸アパート(オーナーによる建築)賃貸アパート(オーナーによる建築)

メリット
容積率を消化し大きく建築するためキャッシュフローが良くなりやすい。 チェック
賃貸需要ニーズが高いエリアでは稼働率・賃料が高く安定する。 チェック
デメリット
アパートニーズが弱く競合が多いと賃料や稼働率低下圧力がかかり収入が安定しにくく将来に不安を残す。 チェック
相続税対策によるアパート建築ムードがありエリアによっては競合が増えやすい。 チェック
それぞれのメリットデメリットを理解頂きながら
適切な選択のアドバイスをいたします。

提案する事業内容

  • 賃貸マンション・アパート

    賃貸マンション・アパート

  • 商業施設

    商業施設

  • 駐車場経営

    駐車場経営

  • オフィス・事務所

    オフィス・事務所

  • コーポラディブハウス

    コーポラディブ
    ハウス

  • 介護施設介護住宅

    介護施設
    介護住宅

すべての取り組みを並列にならべ、メリット・デメリットを実務レベルで
比較・検討できる唯一のコンサルティング会社です。

マーケットニーズと事業性の融合

  • 納税額圧縮重視

    戸建賃貸

    戸建賃貸

  • 将来キャッシュ
    フロー重視

    アパート

    アパート

  • 子孫・社会へ
    良質な資産重視

    高級マンション・テラスハウス・コンセプト賃貸等

    高級マンション・
    テラスハウス・
    コンセプト賃貸等

同じ賃貸住宅でもニーズに即した建物のあり方をご提案いたします。

サービス内容

  • 不動産鑑定評価 チェック
  • 土地の力の見極めレポート チェック
  • 最適プラン提案・キャッシュフロー立案 チェック
  • 総合建築プロデュース チェック
  • トータル立ち上げコンサルティング チェック

不動産開発+不動産鑑定の力を併せ持つ当社だからできる

本当の土地の力の見極め。

建築会社や不動産仲介会社の提案の良し悪しもチェックいたします

わたしたちは、何もするべきではない土地には

何もするべきではないことを
提案します。

建築会社や不動産仲介会社ではない

独立系コンサルティング会社だからできる提案です。

tel

Contact

アパート建築コンシェルジュに

問い合わせする

03-6869-6647

フォームから相談する