商品土地活用に必要なサービスをご紹介

土地活用に必要なサービス紹介

「賃貸経営にはアパートがおすすめです」「権利が複雑なので建てられません」「こんな土地は売ってしまったら?」いざ何かに取り組もうとすると、いろんなことを言われるものです。不動産鑑定士と開発事業のプロが資料を確認しながら実態を分かり易くアドバイスします。

実地調査に関連したよくある質問
Qどこまでなにをしてくれるの?
A現地を確認して土地の状況を整理し、レポートとしてご提出します。土地活用として成功する可能性がある企画を提案しますが、図面作成までは含みません。
Q建物企画についての提案はどうやって判断するのですか?
A周辺の建物マーケットやお客様の希望、資金の余裕度、生活の豊かさ、相続人が誰かにいたるまで、あらゆる要素を考慮して最も望ましい建物企画を提案します。
Q権利関係、境界問題、相続関係については?
A権利関係、境界などを含め、健全な賃貸経営・土地活用にいたるまでの障害となるものについて問題点をご指摘致します。

「人口が減っているはずなのにアパートは増えているのでは?」 「今から作っても大丈夫なの?」「他の用途のほうがよい可能性は?」 客観的なデータから賃貸経営の確かさを分析致します。 その他、所得層、年齢別人口の増減、駅の乗降客数なども調べられます。

周辺地域マーケット分析に関連したよくある質問
Qなにがわかるの?
A地域の年齢別の人口増減や最寄り駅の乗降客数の増減がわかることで、今後、共同住宅として高いニーズが期待できるかどうかなどがわかります。
Q所得層については?
A町別にどの所得層が多く存在しているかが判明し、品等のよい町かどうかがわかります。

「この土地に適切な建物規模はどれくらいなんだろう?」 「もう少し向きを変えたい・小さく作りたい」などのご要望を反映したシュミレーションを致します。

共同住宅の建築計画シュミレーションに関連したよくある質問
Qなにがわかるの?
A自分の土地において作ることができる最大の建物の規模をおおよそ把握することができます。ただし、斜線制限や前面道路幅員制限、行政指導内容により最大の建物が建てられないこともあります。
Q住宅以外の用途については対応可能ですか?
Aこのサービスについては住居系のみとなっています。

「必要な資料が見つからない。」 「どこに行ったら入手できるのかがわからない。」ということはないでしょうか。
「この資料があるはず」「これは役所で再取得できる」など、資料の専門家である不動産鑑定士が探索のお手伝いを致します。

書類探索に関連したよくある質問
Q測量図面がなく土地の面積がわからないと言われているのですが?
A測量をしていない、または作成した資料を紛失している場合があります。再度測量しなおすことでより正しい土地の資料を得ることができます。
Q建物を建てた当時の資料がなにも残っていないのですが?
A可能な範囲で復元できる資料を取り揃えます。
Q相続をしたときに引き継いだ程度の資料しか残っておらず、どこから手をつけたらよいか?
A残っている資料とヒアリングにより入手可能な資料をお伝え致します。

相続税対策では、広大な土地の相続において不動産鑑定評価書の作成次第で納税額が減額されるケースがあります。また、親族間や個人・会社間での売買金額の確定において、鑑定評価書を作成しておく必要があります。

          
不動産鑑定評価書に関連したよくある質問
Q不動産鑑定評価書は誰が作成をすることができるのか?
Aオフィシャルな不動産鑑定評価書は国家資格である不動産鑑定士のみが作成することができます。
  (一般的な不動産仲介業を行う宅地建物取引業者は作成できません)
Q相続税対策においてどのような効果があるのか?
A路線価に基づく相続税試算では土地が実勢価格よりも高く評価される場合があり、別途不動産鑑定評価書を作成し税務署に届け出ることで評価額および納税額の減額が成立する場合があります。