アパートローン

住宅ローンと異なり、投資物件・収益物件・利回り物件を購入する際に、土地取得資金や建築資金、建物代金に充てるために必要なものが一般に「アパートローン」と呼ばれるローンである。住宅ローンより金利が高いと言われている。年収や給料で住宅関連費用を賄うのではなく、大家として得られる家賃住宅関連費用をカバーできているか(さらにお金が残るか)でアパートローンの条件を選択することになる。購入する物件の収益力や土地の力(担保評価額)によって借りることができる金額が異なってくるが、自分自身の収入や資産がどれくらいあるかによっても借りられる金額が変わってくる。