ショートステイ

短期入所生活介護と呼ばれ、数日間のあいだ高齢者を預かる施設。高齢者の機能改善や生活環境の安定を提供するが、同時に家族の介護負担を軽減する役割もある。宿泊(生活)機能があるため、規模としては様々である。連続での利用は最長で30日であり、31日以降は介護保険の給付対象外となる。